IHの圧力炊飯器の魅力を実感してみよう

毎日の食事には欠かせないのがご飯ですが、ご飯と言えば炊飯器です。炊飯器にも様々な種類がありますが、今人気の炊飯器が圧力炊飯器です。この圧力炊飯器ですが、普通の炊飯器とどのような違いがあるのか、メリット、デメリットなどをご紹介致します。炊飯器には、IH炊飯器の内釜を温めて炊飯するタイプとマイコン炊飯器の直火炊き方式の2種類が存在します。今回の圧力炊飯器は、IH炊飯器に搭載されている機能で、外部から圧力をかけることによって水の沸点を上昇させ、お米が本来持っている旨味を最大限にまで引き出す性能を持っています。IH圧力炊飯器で炊いたご飯は、ふっくらとして、もちもちとした炊き上がりになります。お米にも好みがあるかもしれませんが、お米を美味しく食べることが出来る性能が人気の1つとなっています。

IHの圧力炊飯器が人気の理由とは

IHの圧力炊飯器が人気の理由の1つが、「炊き上がりが調節できる」ことです。様々なメーカーから、圧力炊飯器が発売されていますが、その中には、炊飯時の圧力を7段階に調節できるという優れた機能を搭載しているものもあります。歯ごたえのあるお米から、柔らかいお米まで、その時の気分で調節でき食べることが出来ます。もう1つの理由が「炊飯時間を短縮できる」ことです。外出から帰った後、すぐにご飯の用意をしたい場合に時間が掛かるのが炊飯です。早炊き機能が搭載されている一般の炊飯器もありますが、味がかなり落ちてしまいます。圧力炊飯器は、炊飯時間を短縮できるので、短い時間でも美味しいお米を食べることが出来ます。また、保温時間が長いこともメリットです。最長48時間保温でき、長く味が落ちにくいのです。

IHの圧力炊飯器のデメリットは

IHの圧力炊飯器の人気は分かりましたが、デメリットも存在します。デメリットの1番は、「価格が高い」ことです。家電製品は、機能が充実していればそれだけ、価格も高くなります。メーカーによって違いはありますが、それでもすぐに買えるものではなく、ボーナス時などに購入を検討するレベルです。もし、購入を検討されている場合は、大きな買い物になりますので、機能面を重視して、慎重に購入を検討して下さい。デメリットの2つ目は、「食感」です。好き嫌いは、人によって違います。例えば、ピーマンが好きな人もいれば嫌いな人もいます。トマトは食べられるけど、トマトジュースは苦手というように、人には好みがあります。それと同じように、お米にもふっくらしたお米が好きな人と、もちっとしたお米が好きな人がいます。圧力炊飯器は、もちっとしたお米になりますので、ふっくらしたお米が好みの人には不向きです。