IHの圧力炊飯器はデメリットもある

近年炊飯器が進化していることをご存知でしょうか。炊飯器には大きくわけて3種類に分けることができ、これらの違いは加熱の方法にあります。まずこれまでの炊飯器はマイコン式で、現在は安い価格で販売されています。マイコン式は加熱のヒーターが釜の底側にのみあり、釜に熱が伝わり炊飯することができます。これに対して最近ではIHの炊飯器が主流となっています。IHの炊飯器は従来のマイコン式と比べて電磁によって加熱されるため、一気に高い温度まで加熱され、炊き上がりにムラがでず、人気が高いです。最近では圧力式のIH炊飯器もありIHの炊飯器よりも炊飯する時間を短縮することができます。また近年では少なくなりましたがガスの力によって高い火力で炊き上げるガス炊飯器も一部のファンの間では根強い人気を得ています。

圧力式のIHの炊飯器がご飯をおいしく炊ける理由

近年ではIHの炊飯器が主流となって.いますが、通常のIHの炊飯器と圧力式ではどのように違いがあるのでしょうか。IHの炊飯器は加熱方法により全体的にムラがなく、均等に熱が伝わることから従来のマイコン式よりもより精密に温度の設定が可能になりました。ムラがなくお米が炊け、適切な温度設定を行えるためマイコン式よりもおいしく炊ける仕組みとなっています。さらに圧力式であるIHの炊飯器はIHの炊飯器よりもさらにおいしくお米が炊ける仕組みとなっています。圧力式の加熱方法はIHの炊飯器と同様ですが、圧力をかけて炊き上げることからIHの炊飯器よりも短時間でお米を炊くことができます。高い火力でお米を短時間で炊くことでしっかりと中まで火が通り、もちっとした食感になり、さらに栄養素を逃すことなく炊くことができるためおいしく炊き上げることができるのです。

圧力式のIH炊飯器を使用するデメリットとは

お米をよりおいしく炊くことができる圧力式のIH炊飯器ですが、使用する場合にデメリットもあります。まず購入する際にマイコン式やIHの炊飯器と比べて価格が高くなりがちです。また圧力式のIH炊飯器は加熱する際にどうしても電磁波が発生してしまいます。健康である人にとってはこうした電磁波は差ほど問題ありませんが、心臓に疾患を抱える人などが使用しているペースメーカーのっ動作に影響を与えてしまう可能性もあります。また妊娠している人は電磁波を浴びることはあまり推奨されていないことから、こうした人たちにとっては100%安全であるかわからないため、自分自身で注意しなければなりません。また圧力式はIHの炊飯器やマイコン式と比較しても消費電力が高く、毎日使用するものであるため当然ながら電気料金が上がってしまう場合があります。